スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザーグースのカレンダー

OSKにはまるよりも以前からの、私の趣味の一つにマザーグースがあります。

マザーグースというのは、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、英語圏で古くから親しまれた伝承童謡です。
日本でよく知られている「ロンドン橋」「キラキラ星」「メリーさんの羊」なども、マザーグースの歌です。

マザーグース学会関西支部は、大阪近郊の茨木市で毎月例会を開いています。
私はそこに、10年以上参加しています。

この支部の恒例行事の一つが、年頭のカレンダー作りです。

一人一月の担当を決めて製作し、各自が人数分のコピーを作って持ち寄り、12月のセットを完成します。

担当した月になるべく合いそうなマザーグースの歌を選び、絵をつけます。
絵は、自分で描く人もいますし、写真を使ったり、適当な絵本から挿絵を頂戴することもあります。
このため、著作権の関係上、おおっぴらには公開できないものになっています。
あくまで個人の趣味の範囲内で楽しんでいると、お考え下さい。

さて、ここ数年の私の目論みは、なんとかこのカレンダーにOSKの写真が使えないかということでした。

きわめて個人的ではありますが、異なるジャンルの趣味のコラボレーションというわけですね。

しかし、これがなかなか難しい。

OSKの野外イベントかなんかで、「メリーさんの羊」のダンスとかやってくだされば簡単なのですが、「真田幸村」ではどうやってもマザーグースに結びつきません。
反対に、マザーグースに「ラインダンスの歌」みたいなのがあってもよいのですけどね。

こうして、ついに今年作ったのがこれ

カレンダー

私の担当は9月。

本当は9月の行事にちなんだ歌とか、秋の歌を選びたいところですが、それはこの際、眼をつぶりました。
画像優先で使えそうな歌を探します。

それで、選んだのが

  Curly locks, Curly locks,
    Wilt thou be mine?
  Thou shalt not wash dishes
   Nor yet feed the swine,
  But sit on a cushion
    And sew a fine seam,
  And feed upon strawberries,
    Sugar and cream.

  巻き毛の可愛い子ちゃん
   私のものになってください
  お皿洗いも
   豚のエサやりもしなくていいよ
  クッションにすわって
   きれいな縫い物をして
  そしてイチゴと
   お砂糖とクリームを食べていればいい


男から若い娘への求婚の歌です。
嫌な仕事はしないで、美味しいものを食べながら優雅に暮らせばいいと、うまいことを言っています。
とかく男は、結婚前には、いいことばっかり並べるもの、というのが古来からの真理なのでしょう。
口車に乗って、うっかり結婚したらどんなことになるか、保証の限りではありません。

歌詞に“イチゴ”が出てくるので、本当は春の歌かもしれません。
求婚の季節としても、春のほうがふさわしく思われますし。
でも、私の担当9月というのはくじ引きで決まったので動かせません。

ま、いいや。

だって、これならぴったりの画像があるんです。

上のカレンダーの写真の部分だけ、とりだしましょう。

Curly locks

OSKファンの方ならご存知、武生公演千秋楽の撮影会です。
男役の真麻里都くんが、新人娘役の愛奈かれんちゃんにプロポーズしています。
おあつらえむきに、かれんちゃんの髪は巻き毛になっています。

マザーグースの例会では、歌に写真がぴったり、と好評を博しました。

このカレンダーを手にするのは、ごく限られた人数なのですが(なにせ個人的な趣味の範囲の作品なので)、少なくともその人たちには、9月になると嫌でもカレンダーの端に書き込んだ「OSK日本歌劇団」の文字が眼に入るわけです。



実は。

さりげなくOSKの普及と発展に努力する無幾庵なのでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。