FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YUKIMURA

OSK新春公演「YUKIMURA」を見てきました。

OSKによる真田幸村のミュージカルは、今回2作目。

主人公は同じなので、大阪城で討死という大筋は変わりませんが、このたびは脚本も挿入歌も新たに書き下ろされて、前作とはかなり違っています。
なんといっても、出演者の人数が増えたので、群舞で表現する合戦の立ち回りの迫力が大きくなりました。

前作がとても好きだったので(特に野外公演用のショートバージョンが)、新しくなってどうかしら?と思っていましたが、新作はまた違った魅力があって、よかったです。

配役も新しくなった中で、主役・真田幸村様(桜花昇ぼる)と猿飛佐助(桂稀けいと)だけが、前作と同じ。
同じ人物でも脚本が新しくなればセリフも違いますし、別の人が演じると雰囲気も変わります。
桜花さんの演じる幸村は基本的には、前作と同じなのですが、衣装や髪型が変わっているので、ちょっと違った印象です。

そんな中で、猿飛佐助は髪型も前作と同じですし、私が見たところ、セリフやシーンは違っても作中のキャラは前作と変わっていないように思えて、なつかしく感じられました。
この一点だけが、新旧の「ミュージカル真田幸村」をつないでいるような気がします。

みごたえのあるお芝居の幕が下りた後、休憩をはさんでレビューショー。

少し短めながら、お芝居の付け足しというにはもったいないほどのボリュームで、満足度の高いものでした。

ラインダンスの振り付けが可愛いです。
脚上げが始まる前に小チームが入れ替わりながら真ん中で踊るところが好き。
リーダー格の瀬乃明日華ちゃんがひきいる長身チームがお気に入り。
みんな脚がなが~い。
ここに加わっている男役の愛瀬光くんが、とても可愛くチャーミングで、娘役さん顔負けです。

今日は、もう千秋楽。

OSKミュージカル「YUKIMURA」は、西梅田のサンケイホールブリーゼで上演中です。

コメント

No title

愛瀬君は全体に伸びたと思います。ラインダンスもよかったですが、真田十勇士の中でも、なかなかいい表情をつけていました。

>Hiroshiさん

たしかに今回の愛瀬くんは、公演全体をとおして随所で眼をひく活躍だったと思います。
男役として大きなステップアップにつながったのではないでしょうか。

No title

29日付けのコメントは投稿者のご希望により削除いたしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。