FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精華小学校跡にて

10月12日

「第13回 商店街の日」大阪市商店会総連盟 にぎわい広場ステージショー 


3連休のイベント3連荘。
全部参加は無理、と思っていたのですが、結局、皆勤でした。

この日もいいお天気。

会場は難波にある精華小学校跡地の広場。
またも野外です。

一応、客席としてベンチが並んでいます。
30分ぐらい前に行ったら、ステージ上には、お城みたいな形の着ぐるみが出ていました。

にぎわい広場


広場のまわりには、いろんな食べ物や物産の屋台が出ています。





精華小1


いよいよ、OSKの方々の出番です。

(折原さんはご自分のブログに書かれているように、とってもまぶしそう)


精華小2


折原有佐さん、柑奈めいさんのデュエットがとても素敵でした。
OSKを代表する歌姫2人の美しい声のハーモニーが堪能できました。


精華小3

折原さんのソロ。映画「レッド・クリフ」の歌。
武生公演で、桐生さんも歌っていますが、同じ歌なのに雰囲気が全然違う。
どっちがいい、というのではなく、歌い手によって違った曲想が感じられるのが面白いと思います。


ところで、写真をよく見ると、上と下では同じドレスで小物が違っているのに気づきます。
下では白い長手袋をはめていますが、上は手袋のかわりに左手にピンクのリボンをつけています。
髪型も変わっています。

しかし。
あえて言いますと、このアレンジは微妙すぎるよ。(この微妙は文字通りの意味)
その場では、変えていることに気がつきませんでした。

写真を見てさえ、最初はわからなかった。
何度もくり返し見ていて、やっと初めの方と終わりでは違っていることを発見しました。

ひょっとして、こんなうかつな客は、私だけでしょうか。


男役さんは、最初は燕尾服、次に上着を脱いで白いフリルのシャツに黒いパンツ、着物斜めがけ、
最後にもう一度、上着着用、というふうに変化がはっきり見えました。
そのわりに、娘役さんはずっと一緒なんだなーと思ってたのですよね。

精華小4

精華小5



途中で、自己紹介と今後の公演のPRがありました。
自己紹介では、柑奈めいちゃんに、いかにも大阪のおっちゃんという雰囲気のお客さんから「よっ、可愛いで」と声がかかりました。
虹架路万さんには「ろまんちゃんか!」
桂稀けいとさんに「けいちゃん!」って、親しげに呼ぶあなたは何者よ?



精華小6

そして、スペシャルゲスト、桜花昇ぼるさん登場。
桜花さんは3連荘でお仕事なのです。
司会の人が、なぜか娘役のドレスと似た色の衣装で、とけこんでいます。


司会のインタビューに答えて、「子どもの頃からミナミが大好きです」という桜花さん。
この会場近くの千日前には、昔、大阪劇場(ダイゲキ)があって、OSKの本拠地だったんですよ、というお話も出ました。

桜花さんのソロで始まる『桜咲く国』でおしまい。

30分ばかりのステージですが、何曲も歌われたので、かなり充実していました。
一昨日に続き、炎天下での暑さには閉口でした。
お天気に恵まれすぎるのも考え物です。


こうして、怒涛の3連続イベントは終わりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。