スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G・Gと見る「スター☆マイン」

G・Gこと実家の父と、「スター☆マイン」の千秋楽を見ました。

G・Gがこの公演を見るのは、千秋楽がはじめて。
だから、桐生さんはこの回だけの特別出演なのだと聞いて、
「前の回で、桐生さんの役(バスカービル伯爵)は誰がやってたんや?」

それほど桐生さんの登場場面はしっくりと劇中におさまっていて、完成品に何かを付け足したような感じがしなかったということでしょう。
言い換えれば、解決編のないバージョンは、未完成形だったとも言えます。
やっぱり、どんなにハチャメチャな展開でも、事件が起こったら犯人が判らないままでは落ち着きませんね。



G・Gが今回、注目したのは、柑奈めいさん。
入団2年目の新人娘役です。

「あのこはダンスが上手い」

群舞では後列で踊っているのですが、特に目をひいたそうです。

私に言わせれば、今ごろ気がついたのかい、というところ。
柑奈さんは、同期に悠浦あやとくんという目立つ男役がいるので、みなさんそちらに気をとられがちですが、研修生の頃からダンスは同期で一番なのではないかと思っていました。
ただ、お歌がたいへんお上手なので、入団してからはソロを歌うシーンで重用されることが多かったのです。
ソロ歌をまかされると、目立つ位置にはいても、みんなが踊っている時に一人じっとしていることになります。
もちろん、群舞に入ることもありますが、新人なので後列にいる上に、とても小柄な娘役さんなので、大きい舞台ですと、なかなか目につかなかったのかもしれません。

今回、世界館という小劇場の公演で、群舞といっても松竹座や南座公演よりも少人数だったので、G・Gも後列までじゅうぶんに目が届いたのでしょう。

私自身は、例えば今年の春のおどりで、フレンチ・カンカンがありました。メンバーが若手の娘役ばかりで、あのフリフリ、ひらひらな衣装を持て余しているかのように、動きが鈍く見えていたのですが、その中で一人だけ、フリルに埋もれながらもえらくキレのある動きの人がいると思ったら、それが柑奈さんだった、というような経験があるものですから、少なくとも若手の中では、歌だけでなくダンスも群を抜いているというのは判っていました。

しかし、それにしても今回は前列に並ぶ、トップ娘役の朝香櫻子さんをはじめ、折原有佐さん、平松沙理さんというOSK屈指の娘役精鋭陣をさしおいて、G・Gの目にとまったというのですから驚きます。
劇団員さんのブログを読みますと、今回のダンスの振り付けは難しかったようなのですが、ベテランの先輩たちと比べて全く見劣りしなかったのも大したものです。

ただし。

これは大きな違い。

前列の3人の腕は、どれも上腕筋が筋になって見えている(要は細いながらも、筋肉むきむきなのです)のに対して、柑奈めいちゃんの腕は、ふんわりとやわらかそうなお肉に包まれている感じ。
いつか、この柔らかいお肉が削げ落ちて、固い力瘤ができそうなたくましい腕になる頃には、めいちゃんもきっと、OSKを代表する娘役さんの一人になっていることと、期待しています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。