スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いかるが」に関する雑談

逃したサカナは大きいと言うけど、私が行けなかったOSKの斑鳩公演は、ファンのみなさまのブログを見ると、とても評判がいい。
残念なので、未練たらしく「いかるが」「いかるが」と思っていると、そういえば子供のころ、TVで「いかるが牛乳」のCMというのをやっていたな、と思い出した。

私が小学生の頃だから、もう40年かそれ以上前のことだ。
「かるちゃん」という牛のキャラクターが出てきて、「な~んとか、か~んとか(←この部分、歌詞不明)、いかるがぎゅうにゅう~」というCMソングが流れていた。

「いかるが」という言葉を聞いたのは、そのCMが最初だった。
変わった名前なので、ずっと記憶に残っていた。
現物を見たことは一度も無かったが、CMは、かなりたびたび見たので印象づいたのだろう。

その後、奈良に斑鳩(いかるが)という地名があることを知った。
その地が、聖徳太子に縁があるという知識を得たのはさらに後のことになる。
(ただし、聖徳太子そのものは、もっと前から知っていた。当時はお札だったので)

それで、当然、奈良の斑鳩には、牧場があって、「いかるが牛乳」はそこでつくられているのだと思っていた。




さて、もう長年「いかるが牛乳」のCMを見ないので、今でもあるのかと思い、この日記を書くに際して、検索してみた。

どうやら、今も営業しているようだ。
ちゃんとHPもある。


しかし。


「いかるが牛乳」の本社は、大阪にあった。


そもそも、「いかるが牛乳」の「いかるが」は「斑鳩」じゃないのだ。
漢字で書くと、「鵤(いかるが)」。
これは、創業者の苗字らしい。

つまり、奈良の斑鳩とは、全然関係なかったのだ。


こんなことでもなけりゃ、ずっと誤解したままだったよ。





やっぱり私は斑鳩とはご縁が無いらしい。





このページで、「かるちゃん」のついた牛乳瓶の画像をみることができる。
 →    http://www.citymilk.net/bin/kinki/osaka/ikaruga.htm

コメント

ええっ

しらなかった!そうだったんですか!

ポールウインナーのことといい、目からウロコが次々に。

ありがとうございました。

No title

いかるが牛乳。去年、斑鳩といえばのとこで、客席から声があがってました。聞いたこともないので、へえ~~と頷くばかりでしたが、私も、1年遅れで、目からウロコが・・・。

実は、ポールウインナーなるもの。これも、もしかして福井にもあるような?でも、いまだ魚肉ソーセージと判別不可。これも、桜餅みたいに、境界線があるのかも。

いかるが公演、よかったですよ~。今になって思うと、ふるさと公演+卒業公演の要素があったのかな。つたないとこもいっぱいあるんだけど、わくわくとか、嬉しいとか、シアワセとか、一番大事なものが、枠に閉じ込められずにあふれ出してくるようでした。劇団員さんのブログを読むと、表でがんばっていた人たちばかりでなく、ウラでも、皆さん、大奔走だったようだし、いい気があふれていたんだろうなあ。楽しかったです。

No title

>ちどりさん
>よっちゃん

目からウロコを落としていただいて、恐れ入ります。
長年、勝手に思い込んでいることって、他にもいろいろあるんだろうな、と思います。
きっかけが無ければ、あらためて調べることもせず、誤解したまんまになってしまうんですよね。

てっきり、桜花さんは「いかるが牛乳」を飲んで、あんなにすらっと背が高くお育ちになられたのだろうと思っていたのですが・・・。

劇団員さんのブログによって、普通なら表舞台しか見えない私たちも、裏方のご苦労を知ることができて、興味深いですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。