FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南座でカッコよかった場面

公演が終わっても、余韻に浸っているこの頃です。

今回の「レビュー in KYOTO Ⅲ」で、私が最もカッコよかったと思った場面は、第2部第2場 JAZZ の「Sing Sing Sing」のダンス。

全体的にとってもよかったのですが、特に注目したのは、瀬乃明日華ちゃん。
丸顔のかわいい若手の娘役さんです。

下手よりのお席に座ったとき、ちょうど目の前で明日華ちゃんが踊っていて、その長い手足に目をひかれました。
深く被った帽子で、いつもの童顔が隠れているので、とても大人っぽい感じ。
身体の動きが誰よりもしなやか。
それでいて、手足が長いからダイナミック。

以前から、明日華ちゃんのダンスには定評がありましたが、今回、しっかりと自分の目で認識いたしました。
まだ、入団3年目なので、これからが楽しみな娘役さんです。

さて、「Sing Sing Sing」の振り付けも、大変気に入って、終わった後も、頭の中で思い出しながら、スケッチしてみたりしています。

(ココから先は、無幾庵の落書きによって折角の舞台のイメージが崩れるのが心配な人は見ないでください)

右手をまっすぐあげてバイバイしているみたいな振りのところがおもしろい。
Sing sing の瀬乃明日華ちゃん1
こんな感じ。

今回、上演中は一切、メモをとらなかったので(だって、やっぱり心から楽しめないもん)あちこち、うろ覚えです。
これも左手とか、足はどうだったか、はっきりわかりません。
手袋している右手だけ注目していたもので。

この場面の娘役の衣装は好きでした。
透ける生地のスカートのぎざぎざの裾が軽やか。
黒い衿が効いています。

Sing sing の瀬乃明日華ちゃん2
帽子が効果的に使われていましたね。
このあと、ぐっと頭と身体を後ろにそらせる振りがあるのですが、その時に、明日華ちゃんは革の鞭がしなるような動きをみせます。

Sing sing の櫻子さま

もちろん、トップ娘役も負けていません。
朝香櫻子さまのカッコいいシーン。
男役と若手娘役を従えて、前に進んできます。
ここの男役の衣装、緑チームだったのは確かなのですが、上着を着ていたか、ベストになっていたか、記憶がさだがではありません。
実は、左手がどうなっていたかも、うろおぼえ。
右手の指をならすみたいなしぐさがカッコよくて、そっちばっかり注目していました。

コメント

No title

「Sing Sing Sing」の瀬乃さん最高でした。長い手足を目一杯に使って、ひたすらダイナミックに踊る姿は、若干荒削りですが、将来的には若木さんクラスのダンサーになれるのではないかと思いました。スケッチの2枚目の辺りの振り、特に格好良かった。

はじめまして。
この場面 リズム感とかダンス好きです!
手袋が手の動きを強調していてすごくかっこいいなと思いました♪

コメントありがとうございます

>Hiroshiさん

瀬乃明日華ちゃんには、若木さんのような大型の娘役になって欲しいです。

>うりりんごさん

バイバイしたり、ブラブラしたり、リズムをとったり、白い手袋の動きがとても印象的でしたね。
対称的に、帽子・靴・男役のベスト・娘役の衿の黒が、群舞の色彩をひきしめていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。