FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美少年 in 南座

OSKの南座公演「レビュー in KYOTO Ⅲ」は、京都四條南座にて、7月20日まで上演中です。

第1部 さくら颱風の第3景は「天下三美少年見参」というタイトルです。


三人の美少年が、ノリのいい歌に合わせて、カッコいいポーズをキメながら踊るという場面。

美少年の役は、男役トップ3。桜花、高世、桐生のお三方です。

最初、プログラムでタイトルを見た時は、正直、ちょっと無理があるんじゃないの?と思いました。

そりゃあ、みなさん美形ですよ。
美少年の部分は申し分ないかもしれないけど、少年と言うには、(こういってよければ)ちとトウがたっているのでは?

そんなふうに、心配していたものの、実際にその場面が始まったら、なんのその。

いいよ。
全然、問題ないよ。

きれいだから許す。

歌も踊りも、楽しくて、もっと見ていたいのにもう終わり?というほど、お気に入りの場面になりました。


しかし。


下手に近いお席で見ているとき、第1部のフィナーレの劇団員紹介で「若手花形」として名前が呼ばれる男役3人がちょうど目の前に並んでいたのですね。

この3人、それぞれ入団2年目、3年目、4年目のフレッシュな新人ながら、今後のOSKを担ってくれると期待の集まるホープでもあります。
第2部で、Dream Boys という一景をもらっていて、まさに元気いっぱいの少年らしい踊りを披露しています。

若衆姿の3人は、初々しく爽やかで、一番後輩の彼なんて、女にしたいような可愛らしさです。(いや、女の子なんだけど、ホントは)

これこそ正真正銘の三美少年だと思いました。


じゃあ、トップ3の方々は何なのよ?  ということになりますよね・・・やっぱり。



それで、思い出したのが、とあるマンガでした。

(また、マンガかい? マンガです。 私の精神構造の7割ぐらいはマンガから得た知識で造られていると思います)

川原泉の作品で『殿様は空のお城に住んでいる』という中篇があります。

かなり自由にアレンジされていますが、一応時代劇です。
冒頭に、「――江戸時代中期」とあります。

このお話の中に、美しい小姓姿を惜しんだお殿様の命令で、20歳になるまで前髪をおとすことを禁じられた超美形のお小姓頭というのが出てきます。
普通なら15~17歳ぐらいで元服するところを、このお小姓頭は19才になっているのに前髪立ちで少年のような髪型なわけです。(元服したら、前髪を切ってつるっとした月代になるのよ)
それで、「綺麗だけど、お小姓にしては年くってるね」ということになります。

もちろん、現代なら19才だったら充分少年で通用するのじゃないかと思われますが、そこは今より圧倒的に平均寿命の短い江戸時代の話ですから、19にもなれば、元服もするし結婚だって全然早くない年令です。

(諸般の事情で)通常より年かさだけど、見目麗しい前髪の美少年。

この設定でいきましょう!(と、勝手に決めるか?)

お小姓と若衆は、ちょっと違うけど、広辞苑には若衆=(江戸時代)元服しないで前髪のある男子という意味も載っているから、まあ似たようなもんでしょ。


(今回の舞台では、娘役の設定が「遊女」になっているので、遊女と対なら、若衆は陰間?とも思ったりしますが、そのあたりは深く考えるのはよしましょう)

まあ、そんなことを考えながら、完熟三美少年と、未熟三美少年、2種の美味しさを客席で味わって堪能しております。

コメント

初おじゃまです。

千秋楽では4月以来でお会いできて嬉しかったです。
この公演のDVD出ないのもったいないですね。出して欲しいです。
関東から通って良かった!と思いました。3回拝見させていただきました。
今回同行の母も素晴らしいと言っていました。

私、この場面大好きです。美しいですねー。見惚れていました。
「完熟三美少年と、未熟三美少年」ですか。なるほど(苦笑)。

♪桜の様に柔らかき頬
  菊花の様にかぐわしき香り
 向日葵の勢い のびやかな手足
  その美しさ 都を包む

お三方にぴったりですね(完全に合っているかは自信が(汗))。
出だしの細かいリズムや早口の歌詞はあやふやですが良く口をついて出ます。南座公演の楽譜欲しいなあ。

『殿様は空のお城に住んでいる』私も読みました、覚えています。「花とゆめ」愛読者でした。
律儀で忠義者の彼が好きでした。

おじゃましました!

>酒井由乃さん

コメントありがとうございます。

先日は、短い時間でしたがお話できて楽しかったです。
遠方からはるばる来られる情熱にいつも感動いたします。

DVD欲しいですよね。
わずかなりとも、力にならないかと思い、松竹の「DVDにしてほしい作品」のメールフォームへ投稿してみました。

思いがけずマンガ「殿様は~」のほうにも反応していただけて嬉しいです。
そうです。顔は美形なのに、とっても堅物な忠義者なんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。