スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSK南座公演「レビュー in KYOTO」を熱く語る

今月18日から京都の南座で始まったOSKの公演「レビュー in KYOTO」を見てきた。
6月の松竹座「春のおどり」以来の全体公演。
しかし、今回の演目はマイナーチェンジはあるものの春と同じだから、もうそれほど何度も観なくていいか、と若干気合が抜けたところもあった。
いや、「春のおどり」自体は良くできたレビューショーだったのでもう一度観られるのは嬉しいことには違いないのだが、ブルーレイも観て内容がよくわかっているだけに、良くも悪くも何が飛び出すか?という初見のどきどきわくわくには欠けるところがある。

そんな感じで臨んだMy初日の木曜日、お昼公演。

やっぱり、生の舞台は違う。

映像は所詮フリーズドライというか干物というか。
とれたて新鮮、ぷりぷりのみずみずしさには到底かなわない。

真空パックの鰻のかば焼きと、炭火焼あぶりたてとの違いぐらい違う。




今回は、いままでにない視点から舞台を観たことでも、新鮮さが倍増したかもしれない。

ことの起こりは去年の春の南座見学体験。
舞台の上でセリや盆まわしを体験できるイベントだったのだが(その同じところで劇団員さんたちが演じているというのも感激ものだが)、客席にも立ち入り自由だったので、いろいろな場所に座ってどのように舞台が見えるのか検証することができた。

その時に発見した2階席右列1番からの眺め。
桟敷席のちょうど真上で最も舞台に近い席。

ここって想像以上に舞台に近いのです。

で、今回うまくその席がとれたので、初めてそこから観たら。

これがよかったの。

一見、すごく見きれて死角がたくさんありそうだけど、案外思ったほどではない。
総踊りだと、一番端の最前列の人が、音響機材に隠れて上半身しか見えない。
でも舞台奥は案外端まで見える。
今回は、隣の席がずっと後ろまで空いていたので、心置きなく前のめりできたのも幸いしたかも。

多少の死角はおぎなってあまりある奥の見通しのよさ。
2列目より後ろに御贔屓さんがいる人にはおすすめ。

舞台真ん中のスターさんは横から観る感じになる。
今回上手から観ていたから、下手にいる人たちは遠い。
でも、上手の人は、なまじな1階席よりもよほどよく見える。

そして斜め上からの眺めが新鮮。
テニスの審判席から観ている感じかな(テニスの審判席に座った事ないけど、想像)。

もしも1度しか観劇しない人なら、やはり正面に近い席から観ることをお勧めします。
でも、何度か見ている人、たとえば「春のおどり」は観たから同じものならもう観なくていいと思ったりしている人には、この席おすすめ。

なんといっても群舞の全体を見られるのに2階席正面よりも近いので臨場感がある。
殺陣の場面なんか迫力満点。
ほんとうにこんなに入り乱れていてよくぶつからないものと感心する。
身体は余裕ですれ違えそうだけど、みんな長い刀を持っているから、あっあぶないと思った瞬間ぎりぎりでさっと切っ先の向きを変える。はらはらドキドキ。

でもこの席のお楽しみは、半分舞台の裏が見えるところ。
だから、ここはマニア向きの席と言えます。

たとえば、殺陣の場面や、蝶の道行の早変わりのようすが横から見える。
早変わりをする本人とお手伝いの2人ぐらいがすごく忙しく動いているのがわかる。

セリの中が見える。
2部の冒頭。朝香さんが登場したところで、高世さんがセリの上に乗ってスタンバイするのが見えた。

下手の袖の中がちょっと見える。

上がりかけのセリや、舞台そでの普通なら客席から見えていないところで、もう芝居というか振りつけが始まっている。

あ、それからニコ生トークで話されていた2部の酒場の場面で高世さんが恋羽さんに出会って恋に落ちる瞬間の表情、ばっちり観ることができた。(ちなみに恋羽さんは後頭部しか見えない)

そうそう、盆の動きがよくわかるので、そこを縦横無尽に動き回って踊る人たち、すごい!と思う。
楊さん、舞台奥からななめにたーっと走ってきて、動いている盆からそのまま止まっているところへまっすぐ進む。
体験ツアーの時に、「盆がまわると危ないですから動かないでください」と再三注意されたけど。
危ないよね?
運動神経が違うんだろうな。
しかも、正面から観ているお客様にはそんな危ないことをしているとわからないのだよね。
ていうか、知る必要はないのだろう。
ここは楊さん演じる青年がたーっと走り去るというだけの場面なのだ。

盆はけっこう大きくて、舞台の前方の端近くまである。
従って盆がまわっている時に、舞台前方で止まっている床はかなり狭い。
2部のはじめのほうで虎衣裳のみなさんがまわる盆の上にいて、極楽鳥の悠浦くんが上手から下手に踊りながら移動するところがあるが、その時はそのかなり狭い止まっている床を通っているのだ。
片や、動く床。もう片方は舞台の端。
そこを足元も見ずに通ってゆく。
ちょっとでもずれたら落ちてしまいそう。

このほかにも極楽鳥。上がったセリの上で踊るところがありますが、上から観てるとけっこう狭い。
あの場面、他のみなさんがへとへとになるぐらい踊っている中で、独りだけ優雅に舞っていて楽そうとか思っていたけど、いや、いろいろ危なっかしいところが多々あって、あれはあれで大変そう。ゴメンよ、楽してると思ってて。

そんなこんなで、語りつくせぬ2階右列席の楽しさですが。

今日はひとまず、ここまでで。

OSK南座公演は、11月24日(火)までです。

コメント

南座見学!

私も一昨年でしたか、春の舞台体験に行きました。花道を歩いたり、セリや盆に乗って実際に動かしてもらったり、舞台上でチョンパを体験したり。あれひととおりやってみると、次に劇場で、特にOSKの公演を観るときに、自分の注目するポイントが変わりますよね。

セリの幅や高さ、盆の回るスピードなど、観客席からただ舞台を観ているだけではわからないのですが、一度自分が実感してみると、その上を歩いたり、ましてや高速で踊ったりするのがどれだけ難しいことか想像できます。そして、それを難しいことだとは微塵も感じさせない表情でやってみせる劇団員さんたちの技量が、どれだけすごいということか……。

うーん、今回も上から観る機会はないんですよね。もう1回増やそうかな……^^;

>花純さん

高世様を一点集中凝視の方には2階3階は不向きかも。
限られた観劇回数の中での優先順位は人それぞれで違いますものね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。