スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧名ことり退団

昨夜、劇団公式サイトで、OSK日本歌劇団の娘役スター・牧名ことりさんの退団が発表された。

一つ前のエントリ プリメール王国物語について(5)をせっせせっせと書きあげてやっとアップロードできたのでほっとしてツイッターを見たらTLがその話でもちきりになっていた。
いちはやくブログで話題にしている人もいて、何を今頃のんきに7月公演の感想なんか書いているんだ、私。完全に出遅れだろう。

ところが、もっと出遅れたことに次からアップするのは「春のおどり」についての記事のつづきだ。
前からこのブログを読んでくださっていた方はご承知でしょうが、今年の「春のおどり」の感想は第1部まで書き終えたところで中断している。
実はプリメールの感想と平行して、こっちも下書きを書いていたのですね。
「春のおどり」の第2部、ではなく、今回特別に設けられた新トップスターお披露目の口上についてのあれこれ。それは、牧名さんの退団発表を知らずに書いた文章だから、今となっては何を言ってるんだというところがあるかもしれないが、そのままにしておく。

それにしてもことりちゃん、ガリやわさびになって中トロの高世さんを支えていくのじゃなかったのか。食ぱんマン・高世さんをジャムおじさんやバタ子さんになって助けるのじゃなかったのか(いや、こっちはちょっと違ったかも)。←これ、何のことかわからない人は次にアップする記事を読んでね。

ことりちゃんの言葉のなかの「私たち」に本人は入っていなかったのか、あるいは(短いけれども在団している間は)という秘かな但し書きがついていたのか。もう少し長く高世さんの相手役を務め、OSKのトップ娘役として君臨してくれると思っていたので名残惜しい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。