スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ADDIO」の感想(つづき)

OSKの公演は、その時々で歌や踊りのショーが主体だったり、お芝居が主だったり、形式が違う。

私が最も好みなのは、和物と洋物のショー2本立て。

お芝居が主になる公演は、だから少し意気込みが下がる、というか、身もふたもない言い方をすると、全く期待していない。
ただし、変に期待をしないために基準点が低いのか、見たら意外と楽しんでしまうことが多いのも事実。

お芝居なら、気楽に笑える単純な筋立てのコメディが一番いい。
その点で、今回はそれほど好きなタイプの話ではなかったが、部分的にこれはと思う場面があって、私としては悪くなかった。

まず、牧名ことりちゃんの歌がとてもとてもよかった。
運命に翻弄され、二人の男性の間で板挟みになってゆれるヒロインの心情は、セリフによる演技では表現しきれていないように思えたが、それを素晴らしい歌が補った。
美砂まりさんは、いつもながら達者な演技。
村娘たちのおしゃべりに加わってコミカルなところを見せたかと思えば、祖国を裏切る苦悩を切々と歌い上げる。

牧名さんと美砂さんが同じメロディで歌う場面があるのだが、共通のリフレイン「愛しているのです(略)この愛を守りたいのです」というフレーズが今でも耳に残っている。


悲劇が幕を閉じた後、休憩をはさんで第2部「レビュー Dance of Joy」

そう、お芝居の後には、せめて独立した形のショーが欲しいのよ。
フィナーレのおまけみたいに、ダンスがいくつかある、というのでは物足りない。
ある程度まとまったボリュームのショーがないと、私の満足度は低い。

今回、お芝居の後のショーとしては量的にまずまずだと思う。

幕開き、OSKにしては主題歌のテンポがゆっくりで、その分、ダンスの振り付けもスピード感が少ないかな、という印象をうけたが、中づめの「カンカン」で桜花さんを除く全員が超高速で踊りまくるのを見た後は、案外これでバランスがとれているのかもしれないと思った。
「カンカン」は何やらストーリーらしきものがあって、上級生がコミカルな演技を見せてくれるのも楽しかった。
注目している若手娘役の瀬乃明日華ちゃんが活躍しているのもうれしい。
お芝居ではダークな役どころだった楊さんが、ため込んだものを発散させるような笑顔でとぼけたしぐさを見せるのもおもしろい。

娘役7人が横にずらりと並んで踊る「Feel Me」
何年か前の武生公演での「セクシードールズ」を思い出した。

アラビア風の踊りは、けっこう好きなのだが、桐生さんの“悪い魔法使い(?)”はもう見飽きた感がある。
もうちょっと違った設定は作れないものだろうか?
と、いいつつ、毎度けっこう楽しんでしまうんだ、これが。

公演を見てから2週間以上過ぎた今、正直、ほかの場面は大分忘れてしまって、ぱっと思い出せるのは、上に書いた場面ぐらいなのだが、その中にしっかりアラビアの悪い魔法使いが入っている、ということは・・・やっぱり好きなのか、見飽きたと言いながら。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。