FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜散る

今年は、桜の開花時期と「春のおどり」の上演期間が重なり、劇場の内と外で同時に桜の花びらが舞っている、という感がありました。
そして、まるで「春のおどり」の閉幕にタイミングを合わせるかのように、週明けの大雨と風によって、桜が散り始めました。

公園の桜は無残なまでに花びらを落としていましたが、よく見ると枝には若葉が萌え出していて、新しい生命の息吹を感じさせました。

「春のおどり」の第1部、ミュージカル『桜彦 翔る!エピソード2』のラストシーンも、新しい命の誕生により、哀しみの中に希望の光を見出す、というものでした。

桜の木の下には死体が埋まっている なんてことを言いますが、この劇では桜の下の花びらに埋もれて、生まれたばかりの赤ちゃんが息づいていたのでした。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。